土佐百景

受験生の頼もしい味方 松熊神社 【戸波】

受験生の頼もしい味方 松熊神社  戦国から江戸時代にかけて長宗我部家、山内家に仕え、名領主として人々からの信望が厚かった宮地五良佐衛門。
 その孫であり、嗣子として迎えられた大高坂松熊公を奉っているのが松熊神社です。松熊公もまた五良佐衛門同様、信望も厚く、新進気鋭の青年政治家でした。
 静かな佇まいの松熊神社は「松熊様」と呼ばれ、往古より霊験あらたかな神様として地域の人々に格別に信心され親しまれてきました。
 平成2年にはさまざまな人々の協力により祠堂が建立され、現在では「受験」やいろいろな「試験」の神様として地区内外から多くの人がお参りに訪れます。
 受験シーズン真っ只中。今年も多くの受験生が「松熊様」のお力を借りるため、合格祈願に訪れることでしょう。

バックナンバー