土佐百景

悠久の昔から蓮池を見守り続ける御神木 【蓮池・西ノ宮 】

悠久の昔から蓮池を見守り続ける御神木
 蓮池小学校の西に位置する西の宮八幡宮の本殿裏には推定樹齢750年のクスノキがあります。常緑広葉樹のクスノキは高知県の天然記念物にも指定され御神木として悠久の昔から蓮池の歴史や人々を見守ってきました。神様が降りてくるときの目印といわれている御神木。西ノ宮八幡宮にあるクスノキは根元周囲およそ10.8m、樹高は39m、枝を四方に大きく張りだし周囲から見ても本殿を抱きかかえているようです。本殿の裏手にあるためあまり知られていませんが、ご参拝の際にはぜひ訪れてみてください。

バックナンバー