土佐百景

水害から市民の暮らしを守る 波介川水門 【高石・中島】

水害から市民の暮らしを守る 波介川水門  長年、水害に悩まされていた土佐市に昭和55年、波介川水門ができました。波介川の河道拡幅と仁淀川の増水時の逆流を防ぐためです。
 国土交通省の委託を受けて4人の地元の人が管理しており、台風や大雨の時などは24時間体制で監視。内水と外水の水位を見て水門の開閉を調整しています。
 水門の設置は、災害に耐えられる町づくりへの前進にはなりましたが、土佐市の水害問題がすべて改善されたわけではありません。
 現在、高知河川国道事務所は波介川と仁淀川の合流点を現在の十文字より仁淀川の河口砂州の蒸留側に導入し、仁淀川の洪水の影響を除く波介河川口導流事業を実地しています。土佐市の内水被害を大幅に軽減してくれるであろうこの改修工事に大きな期待が寄せられています。

バックナンバー