土佐百景

地域の大切な生活の道 十文字の渡し跡 【新居・上ノ村】

地域の大切な生活の道 十文字の渡し跡  波介川河口導流事業に伴い、発掘調査が進められている上ノ村遺跡の東にかつての十文字の渡しがありました。十文字の渡しは宇佐浦と城下を結ぶ道程にあり、江戸時代末には鰹の夜売りも利用するなど産業の発展にも重要な役割を担っていました。明治以降も戦後の一時期まで地域の大切な交通手段として利用されていました。道路や交通の発達によって今は使われなくなった渡し場。渡し場に立ち対岸を望むと、商売人などで栄えていた当時の様子が目に浮かぶようです。乗り合わせた人同士のふれあいやさまざまなドラマがあったことでしょう。

バックナンバー