土佐百景

日の神・天照大神を祀る 神明宮 【高石・塚地】

日の神・天照大神を祀る 神明宮  民家の間に建つ鳥居をくぐってコンクリートの細い階段を上がると、その先はうっそうとした山道へと続いていきます。その険しい山道を登りつめたところに、日の神・天照大神を祀っている神明宮があります。
 神明というのは伊勢の皇大神宮を指しており、伊勢神宮の信仰圏が拡大して土佐に及んだのは鎌倉時代から室町時代のことです。
 塚地の神明宮は江戸時代の中期、幡多・中村の一条公の家臣だった市川権助が建てました。神明宮は高神様と呼ばれ代々地域の人によって守られています。

参考資料『土佐市史』

バックナンバー